2005年12月24日

本番中の出来事

ファックジャパンです。
しかし
今回やっていて一番ドキドキしたのが
判決を聞く瞬間も
さることながら
ぼくはなんといっても
エキストラの役者さんが喋る瞬間が一番ドキドキしました。
「この裁判は有罪か無罪かを決めるんですよね?」
というようなことを芝居中に客席から黒木さん演じる裁判進行官に聞いてしまう、という役柄なのですが、
ほとんどのお客さんはその人がエキストラの役者さんだとは思わないようで
その人が喋った瞬間
「あ、なんかお客さんが騒いではる」
という張り詰めた緊張感がピンと客席に広がるのです。
いやその瞬間は毎回ドキドキしました。
おもしろかったです。
協力していただいたエキストラの役者さん、ありがとうございました。
posted by 劇団衛星 at 15:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 稽古場日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

大陪審没ネタ

公演後も、このBlogへの訪問者がそれなりにいることを知って、ちょっと嬉しくなって更新。
純子です。

自分のPC内のデータを整理してたら、台本作成中の没ネタが出て来た。
おそらく蓮行も覚えてないでしょう。もう消してしまいますけど、せっかくなんで載せてみようかな・・と。こういう没シーンをいっぱい経て、最終的に台本ができるんですね。
ちなみに、このメモは、10月25日作成でした。


■「原告はどうした?」と言われて

松原 奴は・・死んだ。
元山 嘘はいけません。
松原 ああ・・。同情引くかなあと思って。


※こんな一言ばっかり作ってたなあ。


■回想

松原 すみこ・・この案件、俺にまとめられるだろうか。
瀬口 こら。駄目だぞ。弱い一面見せてるフリなんかしても。
   自信満々なんだろ。
松原 ばれたか・・。
瀬口 油断は禁物。重要ポイントのおさらい。社長は、
二人 費用対効果費用対効果って言われるのをものすごく嫌がる
   フリして、人一倍費用対効果に敏感。
松原 よし。
瀬口 指輪、買ってあるか?
松原 おお。何なら今渡そうか。
瀬口 まだいらない。お金持ちと結婚するのが夢だから。
松原 よし。
瀬口 じゃ、がんばってこい。(とキス)


※瀬口さんのキャラが違う・・。松原との関係も微妙に違う。最初こういう設定だったのか・・。
posted by 劇団衛星 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

判決結果

「大陪審」はマルチエンディングです。
ご来場いただいた皆さんの中から無作為に選ばれた陪審員3名の投票で、原告側勝利か、被告側勝利が決まり、それによって、エンディングが変わるという仕組みになってました。
控え室で、進行官役の黒木が集計して、その結果が映像で流れるまで、舞台上の出演者達も、その結果がわからない・・という毎日ドキドキの状況でした。

そんなエンディングの判決結果を、ここでまとめて発表します。
(ちなみに、【 】内が、陪審員でない傍聴人の皆様の票も合わせた結果です。こちらは全体数がまちまちなので、パーセント表示で書きます。)

15日19:30 1:2 被告 【60%:40%】
16日15:00 1:2 被告 【66%:34%】
   19:30 3:0 原告 【73%:27%】
17日14:00 2:1 原告 【64%:36%】
   19:00 2:1 原告 【65%:35%】
   22:00 2:1 原告 【66%:34%】
18日15:00 2:0(棄権1)
             原告 【66%:34%】
   19:00 3:0 原告 【70%:30%】
19日15:00 3:0 原告 【54%:46%】
   19:30 1:2 被告 【55%:45%】
posted by 劇団衛星 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作部よりお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

使用済みスライダー

植村です。

こちらのBlogにも時々登場していましたが、
今回、小道具として使用されていたスライダー。
2010年に存在しているかもしれない、未来の機械。
陪審員候補者のデータ登録も、これ一つ。
ボイス録音して記録にも使える。スキャニングみたいなこともできるみたい。

バイオな素材でできているらしく、
乾燥に弱く、寿命が3時間程度・・と短いのが難点。
1法廷が終了する頃にはカピカピになって使えなくなります。

使用済スライダーも、ちゃんと有効処理してます。
昨日のスライダーは、今日の私のお昼ご飯になりました。
slaider.jpg
posted by 劇団衛星 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ありがとうございました!!

Daibaisin.jpg

制作の植村です。

御陰様で、無事公演全日程を終了することができました。
ご来場いただいた皆様、ご協力いただいた多くの方々に、まずは感謝を申し上げます。

判決の結果発表など、これから少しずつ載せていこうと思っています。
もうしばらく、このBlogにもおつきあいください。

まずはご挨拶まで。
posted by 劇団衛星 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作部よりお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

打ち上げです〜

image/daibaishin-2005-12-20T02:18:44-1.jpg黒木です。
(紙本さんとアッコスンと岡嶋さんが)心ないいたずらしてごめんねファックさん。
お疲れ様でした。
posted by 劇団衛星 at 02:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 稽古場日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

当日券情報(19日)

明日最終日の当日券発売予定枚数は、
15:00/19:30とも、20枚程度発売できる予定です。
(変更の可能性もございます。ご了承ください。)

いよいよあと1日・・と思うと、ほんと名残惜しい気がします。


制作・植村
posted by 劇団衛星 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | チケット速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当日券情報(18日)

本日の当日券発売予定枚数は、以下の通りです。
(変更の可能性もございます。ご了承ください。)

15:00 4枚
19:00 10枚

完売となってました15時の回ですが、突然キャンセルが出て、当日券販売できることになりました。
この回だったら来れるのに・・と思っていただいてた方、急なご連絡になって申し訳ありませんが、ぜひぜひ。
ご来場お待ちしております。
posted by 劇団衛星 at 10:21| Comment(0) | TrackBack(1) | チケット速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の夜

今日は京都に泊まってる。
本番が12時に終わるとさすがに大阪には帰れない。
でも衛星の方が素敵な宿を紹介してくれたんで、楽しい。
今回の芝居、今まで僕の役者人生のなかで一度も踏み込まなかったジャンル。
苦しんでる。
でも、楽しい。
鍛えられる。
衛星の役者は凄い。
マジで。
明日も頑張ります。


posted by 劇団衛星 at 02:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

勝訴か敗訴か

ファックジャパンです。
大陪審も二日を終え、
三回の判決が下されましたが、
いまのところ原告側の
「一勝二敗」
なのであります。
原告の岡嶋・ファック組が現在負け越しています。
原告側に入れてくれた人ごめんなさい。
二敗をきっした時点で演出の蓮行さんは
「もし被告側が3連勝したら、ちょっとセリフを増やして原告有利な展開にしようか」
とまで言い始めるぐらい
ぼくらは追い詰められていたのです。
けれど昨日の夜に
ようやく初勝利です。
今日も勝ちたいです。
これから観にくる人は
ぜひ
原告を応援して下さい。
よろしくお願いします。
しかし
負けるとこんなに気分が悪いとは…
勝つとこんなにホッとするとは…
まさか結審の出た後のダメ出し中
原告側の岡嶋・ファック組と、被告側の劇団☆世界一団の小松さんとの仲がこんなにもギスギスするとは…
あの楽屋のムードはリアリティがあるということではなく、リアルそのものなのであります。

posted by 劇団衛星 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当日券情報(17日)

明日(17日)の当日券発売予定枚数は、以下の通りです。
(変更の可能性もございます。ご了承ください。)

14:00 8枚
19:00 20枚
22:00 20枚

ご来場お待ちしております。


なお、あさって以降の状況は・・
18日15:00 残数 2
   19:00 残数22
19日15:00 残数17
   19:30 残数32

完売となっておりました、18日お昼の回ですが、急遽キャンセルが出ました。
早いもの勝ちとなりますので、ご希望の方は、いますぐ
移動事務所090−9983−9469 へお電話ください。
(この回のお申し込みは、事務所固定電話・メールでの受付はいたしません。
すみませんが、移動事務所へお電話ください。)

制作・植村
posted by 劇団衛星 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | チケット速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

法廷だより

image/daibaishin-2005-12-16T22:02:14-1.jpg乾燥して、がびがびになったスライダー。
posted by 劇団衛星 at 22:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 稽古場日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当日券情報(16日)

本日の当日券発売枚数は、
15:00 19:30とも、20枚程度発売予定です。
(変更の可能性もございます。ご了承ください。)

ご来場お待ちしております。
posted by 劇団衛星 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | チケット速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

法廷だより

image/daibaishin-2005-12-15T13:38:57-1.jpgスペースオルタナティブは元レストラン。いい椅子でご機嫌!こんな感じ。
早めに来られたら、いい椅子に座れます。
posted by 劇団衛星 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当日券情報(15日)

本日の当日券発売枚数は、8枚の予定です。
(変更の可能性もございます。ご了承ください。)

当日券は、開演の1時間前(本日は18:30)から販売いたします。
規定枚数に達し次第、販売を終了いたしますので、よろしくお願いします。


なお、16日(金)のチケットは、昼・夜とも、まだございます。
ご予定があいている方は、ぜひお越しください。
posted by 劇団衛星 at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | チケット速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

12月13日現在

15日19:30 残数13
16日15:00 残数26
   19:30 残数26
17日14:00 残数10
   19:00 残数14
   22:00 残数36
18日15:00 完売!!
   19:00 残数27
19日15:00 残数23
   19:30 残数32

いよいよ明日から初日です。
ご来場お待ちしております。
posted by 劇団衛星 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | チケット速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

東の松阪、西の蓮行

ファックジャパンです。
いよいよ今週が初日です。
稽古が終わった後、演出の蓮行さんは眉間にシワをよせて病弱な北斗の拳のケンシロウみたいになり、
「うーむ。まずいなこれは…」
と、にがにがしげにそうつぶやくことの多かった昨今の稽古場。
しかし昨日の蓮行さんは違いました。
「自信が確信に変わりました」
とは平成の怪物、西武ライオンズの松阪投手がプロ初勝利をあげた後のニクいコメントなのですが、
昨日の蓮行さんの稽古後のダメ出しはこの時の松阪に匹敵するぐらいの勢いがあったのです。
稽古が終わった後
「ちょっと小一時間ほどダメ出しをしたいんで」
と蓮行さんが言い、ぼくらは稽古場の近所の喫茶店へ移動しました。
そうしたらそこにいたのは蓮行さんではなかったのです。
そこには松阪投手がいたのです。
「ぼくは稽古を見ていて興奮してしまい、軽く何かが出そうになりましたよ」
と、蓮行さん…いえ、京都の松阪は言いました。
一体「何が」出そうになったのか。
そこらへんについては誰もふれませんでしたが、
とにかく
蓮行さんが「大陪審」という作品にたいしてかなりの手応えを感じていることはわかりました。
蓮行さんにとって今回は
「10年以上お芝居をやってきて、もしかしたら初めて」
といえるジャンルの作品になるようです。
「こんなんもできるんや、とおもった」
とニセ関西弁も飛び出すほどテンションの上がっている蓮行さん。
けれどそれでいて今まで劇団衛星のやってきていることの流れの中の作品なのではないかなと思われます、今回の「大陪審」。
だからなんとかしてこの作品をガッチリ手中に納めたいと思っている今日このごろなのであります。

posted by 劇団衛星 at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月11日現在

15日19:30 残数18
16日15:00 残数29
   19:30 残数39
17日14:00 残数10
   19:00 残数15
   22:00 残数37
18日15:00 完売!!
   19:00 残数29
19日15:00 残数28
   19:30 残数35
posted by 劇団衛星 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | チケット速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

純子の稽古場日誌・その2

今日は、通し稽古を観ました。こんな言い方は自画自賛で信憑性に欠ける気がしますが・・いい感じです。あとは役者達が、どこまで本当にこれを自分の言葉として発することができるか、だと思います。

といったところで、1週間前の「つづく」の続きになるんですが、今回の作品は裁判なので、与えられた台詞を役者が覚えてそのまま言うというのではいけないのです。原告・被告双方が、自らどうこの裁判で戦うか考えて、言葉にしていかないといけない。だから、そういう台本の作成のしかたをしてきました。

どこまでが台詞か?どこまでが当日役者たちがその場の勢いで口にする言葉か?
ある意味、わかりません。そういうきわどい複雑な作品構成になってます。

そしてさらに、この作品はマルチエンディングの形式をとっています。
実際にご来場いただいた方(お客さんは全て、裁判を傍聴にきた「陪審員候補者」として、本公演をご覧いただきます)から無作為に選ばれた陪審員のご判断によって、原告勝訴か被告勝訴かが決まります。
つまり、この作品の結末は、ご来場いただく皆様の手にゆだねられているわけです。

役者達は稽古場でも、「こんな進行じゃ、僕たち勝てないじゃないですか」というような言い方をします。彼らは本当に、勝つために「裁判」してるんです。

ぜひ皆さんにも、そういうつもりでお越しいただきたい、と思っています。文字通り、「お客さんと一緒に作る」舞台作品です。
・・あ、でも、嫌がる方を無理矢理舞台上にあげたりはしませんから、そこはご心配なく。
posted by 劇団衛星 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

岡嶋さんが持ってきた

ファックジャパンです。
歳末な雰囲気もただよい始めております今日この頃。
昨日は岡嶋さんもよほどオメデタイことがあったのか、稽古場にくるなりみんなにおモチを配り始めたのでした。
「これ、100円均一のおモチやねん」
そう語る岡嶋さんの顔も微笑んでおります。
うれしくなったぼくらもこの日はみんな岡嶋さんからもらったおモチをポケットに入れて稽古をすることにしました。
稽古場はオメデタイ雰囲気に包まれてゆきます。
そうです。
一足早いお正月がぼくらのところにやってきたのです。
「大陪審」が終わったらみんなでこのおモチを食べたいと思います。
岡嶋さん、ありがとうございます。
おモチを見た演出の蓮行さんも、
「いいじゃないですか」
と、大変上機嫌でした。

posted by 劇団衛星 at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。